人はなぜ、お金を失うのか

 

最近ぼんやりと思っていたことが
自分の反省ノートを見ていて
その理由が分かってきました。

 

それは、失うのを怖がるから。
意味が分かりにくいですが
人は、美味しい思いをしたことは強く覚えていて
その美味しい思いをしたものに固執するんですね。

 

例えば、Tiwtterツールで稼いだ経験があると
そのツールは手放したくない。

 

ひょっとしたら、またあの再来があるかも
などと思って、ツールの月額課金を払い続ける。

 

また、パチンコで、ある台で以前稼いだ記憶があと
他人がその台で打って、大当たりが出たら後悔する。
だから、その台に固執する。

 

結局、捨てられないで
そこに資金を投入する
利益を生まないのにお金を払い続ける。

 

その結果、折角稼いだお金も溶けていく。

 

これが、多くの人がお金を失う理由です。
まあ、偉そうに言ってますが
私も同じことをして沢山のお金を溶かしてきました。

 

ただ、その経験があるからこそ
確実に利益を生むものに集中するし
余分なものは、ばっさりと切る
この意識がしっかりしてきました。

 

ただ切るのではなく
今は損失を抱えていても
しっかりした判断のもと、残すこともあります。

 

私で言うと、アレですかね。

 

そして、もうひとつ、お金を失う理由が
自分の頭で考えないこと。

 

これ、●●が儲かる!
と言われると飛びつくのはベタな例ですが
それ以外でも、専門家とやらの解説を鵜呑みにする。

 

例えば、イギリスのEU脱退。

 

当初は、残留が圧倒的で
それを見越して、投資した人もいました。

 

しかし、結果は脱退。

 

残留と見越して投資したら
凍死ですよ、マジで。
また、とある有料メルマガで
ドル円は105円は簡単には超えない!
なんて、大見出しを付けて書いてる。

 

しかし、実際はあっという間に
107円まで上昇してる。

 

もし、その人の発言を信じて
105円で売りを入れたら・・・
そもそも世の中の予測はまず当たらない
で、当たらないのに、それがさも当然かのように
信じ込んで行動すると先ずお金を失う。

 

逆に、上がりを目指すなら
人とは逆を張る度胸がないと上がれない。

 

競馬でも、人気上位の馬券を購入して当たっても
そこで得られるお金は、大したことがない。

 

逆に、誰もかわないからこそ
多きなリターンが得られることが多い。

 

例えば、今年のプレミアリーグで優勝したレスターに
開幕前に付けられたオッズは5000倍

 

支払われた賞金は16億円。

 

結局、大衆の逆をいかなければ
普通の人が上がれることは不可能です。
だから、大穴狙いの競馬やブックメーカーをやろう
といってる訳ではないです。

 

大穴狙いのギャンブルもまた、お金を溶かすだけです。

 

大事なのは、世間で言われていることを鵜呑みにせず
自分でしっかりと分析をして
なぜそれを今やるのか、理由を明確にする。

 

これが、重要です。

 

カンとか、当たればデカいとか
そんな理由で取り組むのははっきり言ってバカです。

 

そうではなく、理詰めで分析して、考えて
そこで初めて資金を入れるなり
新しいことを始めるなりする

 

そのベクトルの先に、上がりがあります。

 

参考までに。

 

 
人生大逆転投資FX-MONSTER