昨日は、イギリスの政策金利発表に

フィラデルフィア連銀景況指数初め、重要指数の発表があり

期待をしていたのですが、大した動きもなく平穏に過ぎました。

 

しいて言うなら、指数発表前までにユーロ・ドルがかなり上がったこと。

 

ここにきて、アメリカも盤石ではない感じがしていて

さらに、昨日の指標を見ても、そんなにという感じでしたね。

 

FOMCでも金利は据え置きが確実な感じですが

さてどうなることか。

 

さて、今夜も重要指標は目白押し

消費者物価指数(前年比)

ミシガン大学消費者信頼感指数

ともに☆四つです。

 

21:30と23:00は注目です。