日銀は、9月20~21日の金融政策決定会合で

2013年4月以来続ける量的・質的金融緩和の

「総括的な検証」を発表します。

 

 

マイナス金利の「深堀」とか言われてますが

更なるマイナス金利という噂もアリ

いずれにせよ、目標としている物価上昇2%というのも

今の国債の価格を見れば、現実不可能な数字。

 

というよりも、無理に物価を上昇させる必要もないので

無理に無理を重ねれば、当然、歪が出る訳ですよ。

 

ということを考えると、週明けにサプライズがあるとも思えず

流れとしては、円高になるのは目に見えています。

 

ちなみに、円高になるといわれるのが

安全資産の円

 

この理由を

日本はいかなる時も秩序が保たれるので

万一の場合も、安心だ

という解説をしてる方もいますが、どう考えても安全資産ではないでしょう。

 

これは、完全に日本の経済運営の無能さを言ってるにすぎず

単に、金利の安い円を買っているのでそれを売って戻すため

というのが一番大きな理由です。

 

また、米国の金利引き上げはないと思うものの

何がサプライズ材料になるのかも不明です。

 

ということで、今週は無理せず、落ち着いた取引を心がけましょう。

 

初心者でも勝てる、FXロジックプレゼント

 

サルでも勝てる必勝FX