オーメンというと、6月6日午前6 時に誕生し

頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。

 

という、映画を思い出す、映画ファンの方もいるでしょう。

 

なんだか、オカルトチックな名前ですが

これ、立派なテクニカル分析指標です。

 

では、ヒンデンブルグ・オーメンとはどんな指標か?

 

 

指標と言っても、公的機関が出すようなものでなく

4種類の指標が、ある条件をクリアすると出されるます。

 

【クリアすると出される】というと、イイ感じの指標かというと

残念ながら、その逆で、次のようなことが起こるといわれています。

 

・株価が5%以上下落する確率が77%
・パニック売りが連鎖する確率が41%
・株式市場に重大なクラッシュが起こる確率が24%

 

このヒンデンブルグ・オーメンは、過去に25回出されていますが

その通りにならなかったのは、たったの1回だけです。

 

ちなみに、リーマンショックの際も

このヒンデンブルグ・オーメンが点灯しました。

 

そして、今回、久しぶりにヒンデンブルグ・オーメンが点灯しそう

という話です。

 

NYダウ、「不吉な暴落のサイン」が点灯寸前