重要な指標の発表前

いきなり値動きがあるときがあります。

 

例えば、こんな感じの動きですね。

 

%e6%8c%87%e6%95%b0%e5%89%8d

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、10月27日のNZD/USD、午前6時から7時の動きです。

 

この時は、6時45分にニュージーランドの9月の貿易収支が発表になりました。

 

指標が発表される5分ほど前から、急に相場が上がってます。

 

この指標発表前に動くことについて

今回は説明していきます。

 

指標前の値動きとして、予想を見越して先乗り

という考えがあります。

 

もしくは、インサイダー的な情報による動き

ということも考えられます。

 

しかし、そんな予想で取引をしているトレーダーは

長生きはできませんし

インサイダーなどということは考えるべきではないです。

 

実際、今回は予想が-11.45億NZD

実際は、-14.36億NZDです。

 

つまり、悪い結果なので、下がる、というのが本来でしょう。

 

しかし、発表前に上がっています。

 

これは、トレーダーの心理状態を考えれば分かります。

 

つまり、既にポジションをもっているトレーダーが

指標発表前に、とりあえず、ポジションの整理をした

というのが正解です。

 

で、なぜこのように5分前ぐらいに動くかというと

今は、経済指標の発表を事前に教えてくれるアプリの影響です。

 

私もスマホにアプリが入っているので

発表の数分前に、間もなく指標発表のメッセージが流れました。

 

今回私もポジションをもっていたので

つい、ポジションを整理してしまいました。

 

で、この時に分かるのが

買いポジションと売りポジションの

どちらが多いかということです。

 

今回は上がったということから

売りポジションの人が多かったのでレートが上がった

ということになります。

 

FXは、結局は取引する人の心理を理解していくと

勝てるようになっていきます。

 

単にテクニカル要素やファンダメンタルズ要素だけでなく

値動きを参加者の心理状態を読みながら考える癖をつけると

チャートの裏にいる、参加者の顔が見えてきます。