先週末、アメリカの7-9月のGDP速報値は

前期比年率で+2.9%と、予想を上回ったためドル円は105円を超え

105.525まで上昇。

 

105円のレンジを抜けたことで

これでいよいよ上昇トレンド、と思っていたところに

クリント大統領候補のメール疑惑にFBIが調査再開するという報道

 

オクトーバー・サプライズで、大統領選挙が混沌としたことで

ドル円は一気に下落して、再び104円台に。

 

これで、再び100円に向かうのか

 

本当に分からない状態になってきました。

 

特に、今週はかなり重要な経済指標の発表があります。

米・ADP民間雇用者数
11/02 21:15

米・製造業受注(前月比)
米・ISM非製造業景況指数
11/03 23:00

米・非農業部門雇用者数 / 米・失業率(雇用統計)
11/04 21:30

 

※過去の各指標の影響率

 

 

それにもまして重要なのが、アメリカ大統領選。

 

結果発表は11月8日ですので

そこまでは、不安定な状態になると思います。

 

では、当面、今週のドル円はどうかということですが・・・。

 

先ずは、チャートで確認です。

 

dolen10-28

 

 

 

 

 

 

ドル円の日足チャートです。

 

終値は、以前のレジライン104.516の上で止まっています。

 

ということで、月曜日は窓開けで上値で始まる

というのがチャートが語る予想です。

 

その後は、グングン105円を超えるかというと

大統領選挙を控えて、そこまでの強い力はないでしょうね。

 

逆に、レンジ相場となれば、大きく取る発想ではなく

小さく、大量に取る発想でトレードしましょう。