先週は、円の戻りは少ないだろう

という、大方の予想をしっかりと裏切ってくれました。

 

そう、トランプ氏がクリントン氏を1ポイントリードという

米紙ワシントン・ポストとABCテレビが発表した最新世論調査が震源です。

 

これは、クリントン氏のメール問題が発端ですが

それに合わせて、クリントン氏の健康状態を改めて問うものや

中には、第三の候補を挙げる意見も出るようになりました。

 

第三の候補とは、実はあの人です。

アメリカ大統領選「第3の選択肢」

 

その内容はもかく、11月8日の大統領選挙の結果は大きく相場を動かすのは確実で

明日、7日は、様子見相場となるでしょう。

 

ただ、明日の動きは、現時点での思惑がある程度見て取れます。

 

大切なのは、先週のように、多くの人が思っているときほど

実際は、逆に動くことが多い

ということです。

 

明日から冬時間となるので

市場の時間にも注意しましょう。