今週の展開として

トランプ大統領が発表する「驚異的な税制改革」

この内容に注目が集まってます。

 

 

それが市場が歓迎すれば、株高&ドル高

失望すれば、株安&ドル安

という構造です。

 

 

ただこれも、実は織り込み済み

というところが結構あります。

 

 

トランプ大統領誕生の際もそうでしたが

株式市場よりもFXの方が市場に敏感です。

 

 

大統領選開票の際

為替は、急激にドル高に転じても

株式は、まだ下落傾向でしたからね。

 

 

今回も、先週はドル安・円高の流れが主流であったので

トランプ大統領の「驚異的な税制改革」は、期待薄

とうのが市場の意識だと考えてます。

 

 

つまり、これからは、ドル高に向かう

このタイミング待ちということになります。

 

 

111円台が1つのポイントになると思いますが

そこまで行くのかどうか、ここが1つの注目点ですね。

 

 

先ずは、週明けがどのレンジでスタートするのか

ここに注目していきましょう。