先週末の雇用統計では

予想以上の強い指標に、ドル円も115円を超える動きを見せましたが

最終的には、114円76銭ほどで引けてます。

 

これも、アメリカの好材料は織り込み済み

という感じがうかがえ

今週のFOMCまで様子見という感じです。

 

実際、週末の高値も

日足のポリシャーバンドの上限を超えたあたりで

下げに転じています。

 

 

しばらくは、レンジ相場が続くと予想しています。

 

 

3月は、日本の年度末になりますので

大きく動きにくい展開と予想します。

 

 

今週も短時間での取引をメインに

取り組んでいきましょう。

 

 

今週の重要な予定です。

3月13日(月):機械受注、第3次産業活動指数、ドラギECB総裁講演など
3月14日(火):中小売売上高、独ZEW期待調査、米FOMCなど
3月15日(水):日銀会合、訪日外国人客数、米小売売上高、FRB議長会見など
3月16日(木):日銀総裁会見、トランプ政権が予算概要提出など
3月17日(金):米鉱工業生産指数、米景気先行指数、G20財務相会議など