ラインの重要性は、FXに限らず

投資系では大変重要な要素です。

 

勿論、ファンダメンタルズ重視の思考では

ラインよりも、指標でしょう!

という発想になるでしょうが

個人的には、最終的にはテクニカルが勝ると考えてます。

 

その意味でも、ラインをマスターすれば

勝率を大きく伸ばすことができます。

 

例えば、先週のユーロドルはかなり上下しましたが

この中で、ラインをどう引けばいいのか

ということをお話しします。

 

先週のユーロドルの水曜日までのチャートは

こんな感じでした。

 

ud6.7e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインを引くと、こんな感じで

ここで反発しているのが分かります。

 

 

しかしこれは、1時間足なので

もっと細かい時間でラインを引いていくと

いろいろなレジスタンスラインがあることが分かります。

 

ed6.82

 

 

 

 

 

 

なので、long(買い)で入ったならば

どこかで、ナンピンか損切りを考える必要があります。

 

 

で、それがいったいどこなのか

ということですが・・・・。

 

 

実は、これには、目に見えないラインの存在があります。

 

 

それにつていは、明日また解説します。