通貨別騰落率で調べてみると

豪ドル、カナダドルが強く、米ドルが弱い

という感じが出ています。

 

 

いわゆる、資源国が強く、トランプ絡みで弱い

政治への不安定要素が表れている結果です。

 

 

それに引きずられる形で

円が強くなってます。

 

 

シカゴIMM通貨先物ポジションも

円買いの傾向があり、今週は、先週の高値

112.40円台を試す動きになりそうです。

 

 

ここを抜けると、110円というレンジが見えてきます。

 

 

一方、ユーロ・ドルも週足の高値に迫っているので

ここからの上昇は、エネルギーが必要ということで

しばらくは、高値圏での動きになりそうです。

 

 

今週は、木曜日の欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表以外は

大きな動きもなく、地政学的リスクや政治スキャンダルに

注意する必要があります。

 

 

逆に言えば、レンジ相場ということで

大きく取るよりも、小さくコツコツと積み上げる

そういう作戦が有効です。