本来は、ブログの方で公開している

自動売買ツールの結果ですが

裁量取引のルール解説という意味で

こちらで公開していきます。

 

 

さて昨日は、ギドラならぬドラギが吠えました

 

 

 

おっと、こちらではなく、こちら

 

 

 

本来であれば、持ち越しは厳禁ですが

あえて、ロッドを下げての運用で

欧州中央銀行(ECB)政策金利の発表と

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見の様子を見ることに

 

 

ます、金利政策発表前はこんな感じのダラダラ下げ

 

 

7.20sage

 

 

 

 

 

 

FXをやっている多くの人が

甘く見てしまうのがこのダラダラ下げです。

 

 

その前の急激な上げは

誰しも恐怖を抱いて

こりゃあ損切りだ!

となる訳ですが

このダラダラ下げは、その感覚が生まれません。

 

そろそろ上がるだろう

なんて甘い期待をしているうちに

気付くとかなり下げていて

こりゃあ、ヤバいかも

そう思った次の瞬間には、

ド――――ン↓↓

と下げる訳です。

 

ということで、ダラダラ下げは要注意です。

 

そして、事の重大さにようやく気付き

含み損も10万円を超えてしまい

損切り・・・・・・・

とした人も多かったはず。

 

しかし、

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見後は

爆上げ、沸騰、いや正しい言葉が見つからないほどの

猛烈な上げでした。

 

7.20don

 

 

 

 

 

 

 

ドーン!

 

損切りした人は悔やんでも悔やみきれず

大口の売りを仕掛けてた人は

資金が溶ける強制ロスカット

 

 

その点、ロッドを下げて、ロスカットせずに

自動売買ツールを運用した結果は

こちらです。

 

 

17.7.20

 

 

はい、16万7千円。

 

 

これ、自動売買を止めてたら

70万円オーバーでした。

 

 

しかし、これもツールの特性上やむを得ないです。

 

 

大きく取るよりも、負けを少なくすることを意識しましょう。

 

 

 

ただ、今回はたまたま、爆上げだったために結果オーライです。

 

 

これが暴落だったら?

 

 

はい、ここはしっかりとロスカットです。

 

 

今回の反転ポイントは、ロスカットポイントの僅か上でした。

 

 

このロスカットポイントについては

次回、解説します。

 

 

 

私が運用しているツールの詳細は

こちらで説明しています。

FX自動売買ツール