トレードは、基本自動売買ツールなので

エントリーポイント出現までは

情報収集や勉強の時間に当てています。

 

 

その中でも、ドル円のレポートで

興味深かったものがありましたので

紹介します。

 

 

それは、今後のドル円予想です。

 

 

ご存知のように、北朝鮮リスクや

人種差別問題に端を発したトランプリスク

その影響で、ドル売りが進んでいます。

 

 

そんな中、今後のドル円の予想は

1ドル100円台の更なる円高を予想する派が多いかと思いきや

長期トレンドは円安なので、ここから130円に向かう

という円安推奨者もいます。

 

 

そう、同じ現状なのに

109円の向かう先が、登りと下りの

相反する予想が出てきています。

 

 

それぞれ、根拠はあるのですが

要は、どちらを信用するのかということですが・・・。

 

 

私の考えは

 

両方ある。

 

 

ということです。

 

 

何とも玉虫色の回答ですが

これが凄く重要なことになります。

 

だって、誰一人未来予想を100%の確率で

言い当てることはできる訳がありません。

 

 

だから、大切なのは

どちらもアリだけど、こっちの方が確率高いかなと

その程度の意識で、どちらに動いても対処できるよう

損切りポイントをしっかり決めておくことです。

 

 

「こうなるはずだ!」と自分の思い込み、でトレードしたり

ましてや、自称ジャーナリストの先生方の意見を真に受けて

「ここからは、こうなるんだよね」みたいな発想は止めましょう。

 

 

常に、上がる・下がるの両方の意識をもち

損切りラインとイグジットポイントを守る

この徹底こそが、負けないプロトレーダーの道です。