最近の相場は、行って来い状態が多く

ある意味、利益を取りやすい環境ともいます。

 

個人的にはファンダメンタル要因よりも

テクニカル要因に重点を置いている自分としても

とれも良い環境だと思っています。

 

 

とはい、ファンダ無視と行きません。

 

 

その中でも、特に注意しているのが

要人発言です。

 

 

最重要人物は

この2人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知、イエレン議長とドラギ総裁です。

 

 

このお二人の発言は、かなりの威力がありますね。

 

 

直近では、8月17日の

欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨で

過度のユーロ高懸念、早計な指針変更回避を出したとたん

対ドルEUR=で0.8%下落。

 

3週間ぶり安値の1.1885ドルに値下がりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今日の16時に、ドラギ総裁の講演があります。

 

 

ここも、要注意です。