経済指標が為替に影響するのは

ご存知の通りですが

その影響度は、指標やその変動で全く違います。

 

 

経済指標は、様々なFX業者のサイトで公開されてますが

その重要度は、業者により様々です。

 

 

こんな指標で、星4つ?

と感じるのもあれば

前回大きく動いているのに星2つ

という場合もあります。

 

 

9月13日の米国生産者物価指数

星は2つと少ないものの

過去の変動数を見ると、結構動いている。

 

 

ここまで見ないと、安心はできません。

 

で、過去の変動幅を見られるのが

みんなの外為

 

 

ここの前回変動幅をクリックすると

過去の一覧が出てくるので、そこでチェックします。

 

 

ということで、そこら辺を調べていくと

星4つクラスの中では

26日(水)21:30発表の耐久財受注です。

 

 

そして、それ以上に注意が必要なのは

27日(木)21:30発表の四半期GDB価格指標(確報値)です。

 

 

四半期GDB価格指標(確報値)は星的には2つになってますが

過去に26pips動いたことがあるので、要注意です。

 

 

で、このサイトでは載っていない

もっと重要なものがあります。

 

 

それが、要人の発言です。

 

 

今週は、

25日(月)の22:00にドラギECB総裁の発言

26日(火)の25:45にイエレン議長の発言

がそれぞれ予定されていますし

それ以外にも、米ニューヨーク連銀総裁、米シカゴ連銀総裁

米ミネアポリス連銀総裁の講演も予定されてます。

 

 

ついでに言えば

26日(火)の8:50からは

日銀の金融政策決定会合議事録要旨の発表もあります。

 

 

これらは、そこら辺の経済指標よりも

破壊力があります。

 

 

ちなみに、要人発言のカレンダーは

traders webで確認できます。

 

 

それにもまして、週末、米軍機が北朝鮮の東岸沖の国際水域上空を飛行し

北朝鮮の反発は必至と言われてます。

 

 

やはり今週も慎重な運用が必要ですね。