日経平均が21年ぶりの高値を付け

NYダウが高値を更新する、好調な世界経済

のようですが・・・・

 

 

これは、必ずしも本物の姿、実力と考えるのは

早合点だと思っています。

 

 

歴史を紐解くと

ルーズベルト大統領のニューディール政策。

そして、大恐慌からの第二次世界大戦へと続きました。

 

 

これが、リーマンショックからトランプ大統領の保護主義政策

そして、北朝鮮問題と

同じ構図を見ている人もいます。

 

 

例えば、麻生副総理がその一人です。

 

 

さらに言えば、大戦前は、株価が上がる

という統計も出ています。

 

 

振り返って、今週の予定を見ていると

米海軍は、原子力空母を中心に40隻を超える艦艇を

日本海などに展開し、米韓共同演習に入るとのこと。

 

 

北朝鮮が弾道ミサイル発射準備との報道と合わせて

偶発的な開戦もゼロとは言えない状況です。

 

 

あわせて、5年に1度の中国共産党の党大会が

10月18日から開催される。

 

 

北朝鮮がこの日にあえてミサイル発射をぶつけて来る

ということも十分に考えられます。

 

 

 

これだけ見ると、週明けは、リスク満載の週になりそうです。

 

 

そんな中でも、昨今の為替の状況を見ていると

北朝鮮リスクは、思ったほど大きくはなく

例え偶発的な衝突が起きたとしても

一方的な振れはないと思われます。

 

 

とは言え、何もないとは言い切れないので

ロッドは抑えながらの運用がお勧めですね。