26日のECB金利政策は

予想通り0の据え置きということで

本来は、大きなサプライズがないはずでした。

 

 

ただ、その後のドラギECB総裁の会見で

量的金融緩和の規模半減と、2018年9月までの延長

これ発表されるやいなや、一気に下げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

1日で200pips越えの歴史的な下げです。

 

 

ニュースでは、タカ派的でないとの嫌気売り

さらには、カタルーニャの独立宣言があり

下げ幅を拡大していきました。

 

 

ドル円の変動があまりないのに比べ

1.6%以上の異常な下げを記録しました。

 

 

ただこの異常な下落は

ドラギECB総裁の発言は原因ではなく

上値が行き詰った状態での暴落のキッカケに過ぎない

という意見もありました。

 

 

実際、ユーロドルの日足は

綺麗な三尊型を形成していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、サポートラインである、1.163を割り込んだので

次のサポートラインの1.14を目指す動きになるのではと

更なる下げも言われています。

 

 

流石に最終的には、若干持ち直しましたが

週明けは、窓を開けて、下げてのスタートもありでしょう。

 

 

ただ、私的には、1.14をうかがう動きは少ないと考えています。

 

 

まだまだ、ドルも不安定であり

カタルーニャ問題もアメリカが認めない発言をした以上

独立にもかなりの障壁がよそうされるため

とりあえずは、上への展開をするのではと考えています。

 

 

ともあれ、先は誰にも分かりません。

 

 

先ほどの三尊型でも

下がったので言える、後出しじゃんけんのような理由とも言えます。

 

 

11月1日にはFOMCもありますので

休むも相場ということで

慎重な運用を心がけましょう。