予想通り、週明けに開催されるG20を警戒し

仮想通貨が軒並み暴落しています。

 

今日のニュースにも、コインチェックから盗まれたNEM

580億円の約40%がマネーロンダリングに成功したという

ニュースが駆け巡っていました。

 

これで、仮想通貨はマネーロンダリングの温床になる

という現実が突き付けられた格好です。

 

また、個人投資家の仮想通貨離れも顕著で

取引量自体も最盛期の1/4に落ち込んでいる

との報道もありますね。

 

仮想通貨にとっては

最悪の状態とも言えます。

 

これだけ見れば

仮想通貨は終わった

という方も多いでしょうが、本当にそうでしょうか?

 

相場は、チャートで表される

ダウ理論だけでなく、多くのトップトレーダーが

くちにする言葉です。

 

一時的には、ファンダメンタルズが影響しても

最終的にはテクニカルにもどります。

 

ましてや、ブロックチェーン技術の必要性は

多くの金融関係者が認めるとことです。

 

逆に言えば、この暴落で根こそぎもっていく

そんな投資家がいるようにも思います。

 

1年後の価格は誰にも分かりませんが

こと、仮想通貨に関しては

法的整備が整っていない現状では

インサイダー取引が当たり前です。

 

この暴落をこの世の終わりと見るか

絶好の買場と見るのかは

その人の投資センスが問われると思います。

 

あなたは、パンピーですか?

本物の投資家ですか?