週末にアメリカがダマスカスにある

化学兵器工場をトマホークで攻撃しました。

 

アサド政権と北朝鮮への無言の圧力

とも言われています。

 

これに対して、ロシアや中国の動きにも

注目される週となりそうです。

 

 

とはいえ、大きな軍事衝突までには

発展しない見通しなので

その意味では、トランプ大統領が言う所の

1回限定の作戦

という所でしょうか。

 

週明けの株式や為替は

今回の攻撃をどう受け止めて

動き出すのか

 

今週は大きな指標の発表がないので

月曜日の動きに注目です。

 

 

さらに言えば

今のレンジ相場が今週も続くのか

次へのトレンド相場が生まれるのか

ここもポイントになりそうです。

 

10週以上に渡って続いている

今のレンジ相場

 

どのタイミングで、どちらのトレンド相場に移行するのか

この点も注意深く見守りっていきたいです。

 

相場は、ファンダメンタルズよりも

最終的にはテクニカル要素が強く出るので

その意味でも、今週は注目です。