バンドウオークで稼ぐ

先週のチャートは

パウエル議長の発言と

FOMCの発表で

大きく動きました。

 

チャート的にはスクイーズから

エクスパンションとなり

見事なバンドウオークを形成しました。

 

バンドウオークを利用できれば

大きな利益を生むことができます。

 

ということで

今回は、バンドウオークについて

解説してみたいと思います。

 

バンドウオークとは

移動平均を超えることなく

トレンドにむかって進むチャート

ということになります。

 

このバンドウオークを確認するには

ポリンジャーバンドを使います。

 

ポリンジャーバンドは、標準偏差を利用したもので

±1σ内に価格が収まる確率は68.27%

±2σ内に価格が収まる確率は95.45%

±3σ内に価格が収まる確率は99.73%

と言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

EURUSDのチャート

 

ならば、±2σにタッチしたら

その後は、逆の動きをするはずだから

逆張りのめやす!!

 

という発想もあるでしょう。

 

実際、先ほどのチャートでは

-σ2にタッチした後

確かに上昇に転じています。

 

しかし、これはレンジ相場での話

実際、反転ポイントは

サポートラインとも読み替えれます。

 

このレンジ相場から

トレンド相場に変わったときに

±σで逆ポジを持つ発送は

時に大変な損失につながります。

 

その最たるものが

バンドウオークです。

 

バンドウオークとは

±σ1まで戻った後、次の±σ2にタッチ

上げ下げを繰り返しながら

ドンドン上昇・下降していくものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、7月10日のドル円ですが

この時だけで、100pips動きました。

 

最初の-σ2で買いポジションを持ち

そのまま放置していたら

大変な損失になったはずです。

 

逆に、最初に-σ1まで戻ったところで

バンドウオークと確認して

売りポジションを持ったならば

大きな利益を手にできたと思います。

 

バンドウオークの確認方法ですが

バンドウオークが発生する前は

レンジ相場つまり、スクイーズが見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

FXで安定して利益を出すためには

ルールに従ったエントリーとエグジット

これが全てです。

 

感で取引をして成果が出ても

決して長続きはせず

最後は、必ずマイナスになります。

 

このバンドウオークも

マイルールの一つになる

重要なパターンです。