ユーロ売り

アメリカ金利が下がる可能性がある中

欧州通貨の売りが継続しています。

 

特にひどいのが、ポンド

 

ブリックの不安もある中ですが

アメリカの金利が下がる可能性がありつつも

この下げは、ヨーロッパの火種が理由か?

 

メルケル首相の健康不安もあり

米英とイランの緊張の高まりもあり

逆にアメリカ経済指標は比較的好調。

 

NYダウも最高値を更新

 

となれば、利下げもあまり影響せず

ドル買いに進んだ結果が週明け

下げの原因になったかと思われる。

 

実際、アメリカの小売売上高は

予想より悪かったにもかかわらず

反応は限定的。

 

むしろ、イギリスの失業率が

大きく影響しているチャートです。

 

この後、日本時間の26時から行われる

パウエル議長の発言に注目です。